Blog

2019/11/01 15:21



ラリーキルトの商品撮影をする際、必ず猫が絡んできます。
猫は少しでも高いところにいたいらしく、新聞紙にも乗る生き物です。(新聞紙ってペラッペラですけど・・・意味ある??)

撮影で使用するベッドより、ソファーより高い家具はいくらでもあるんですが、必ずキルトの上に乗ってきます。

私が思うに、猫の習性とかではなく
ハンドメイドならではの、ヴィンテージならではの優しい肌触りが好きなんだと思います。

ラリーキルトとは古布のパッチワークにランニングステッチ(刺し子)を施した美しいテキスタイルワークです。
私のお店で販売してるものはすべてヴィンテージの一点ものになります。
リバーシブルなので、気分によって表裏を変えたりして雰囲気をガラリと変えることができます。


「これ僕の」


「これも僕の」


「絶対どかない」

毎度毎度撮影のたびにこの状態です(汗)
もちろん、撮影の時以外は猫が出入りしない部屋で保管してます。

ちなみに一枚だけ、サイズが小さすぎて売り物には難しいかなというキルトがあり
私のひざ掛けとしてソファーに置いてあるんですが・・・

もちろん


スヤァ~

毎日ここで寝てます。

猫を飼ってる方は一度ラリーキルトを敷いてみて欲しいです。
たぶん、きっと、とられます(笑)

石井佳苗さんや、石田ゆり子さんなどおしゃれな著名人も愛用してるそうです。
(やはり、お二方とも猫を飼っている・・・。)

私も猫もラリーキルトの魅力にメロメロです。